廃棄になるコンビニおでん!

コンビニのおでん。

このクソ暑いのにもう始める。

オーナーにとってはいいことはない。

①めんどうくさい(手間がかかる)

②売れ残りが多い(廃棄率40パーセントの日もある)

③衛生面が心配(虫が飛び込めば全部パー)

ということで。

セブンイレブンのおでん、特別発注拒否は1000店をこえたそうです。

どこのコンビニも、みんなで一斉にやろうよー! おでんと中華まんは夏に発注しません作りません運動とストライキ!!!

FCが勝手に発注したら懲戒です。コンビニ関連ユニオンに相談を!

本部のオーナー説明は詐欺

『週刊ダイヤモンド』2018年7月28日号特集「コンビニ・クライシス」より
『週刊ダイヤモンド』2018年7月28日号特集「コンビニ・クライシス」より

 セブンイレブン・オーナーの「オーナーヘルプ制度」は詐欺だとする公正取引委員会への違反申告が始まり、申告数はどんどん増えています。詐欺的手法は、それだけにとどまりません。そもそもオーナー希望者に対する本部の試算が詐欺であることが明らかになっています。

 上ふたつの図の試算を見てください。これは昨年7月に出された『週刊ダイヤモンド』「コンビニ・クライシス」という特集です。この特集は、今年2月、セブンイレブン南上小坂店(東大阪市)の時短営業突入以来の「コンビニの乱」を予見していました。

 これに関して、オーナーの実感はどうなんだろうと、ある方面から、アンケートの協力を求められました。

 これに対するあるオーナーの回答が寄せられたので、ご紹介します。オーナーのみなさんのさらなるご協力をお願いします。

アンケート

①■上記試算の信ぴょう性、 現場との差異あるか否か

②■コンビニ加盟店経営で本当に利益を長期的に出せているのは起業者100人中、何人だと思いますか?

③■コンビニ加盟店経営をして開業して良かったと思う人は、起業者100人中、何人だと思いますか?

④■コンビニの店舗(販売品)で捉えきれていなかったと思う購入者のニーズは何だと思いますか?①ビジネスマン・OL層 ②専業主婦層

⑤■損をするのが、オーナー、という部分について思うことを教えて下さい(売上の為に休めない、違約金の支払い、など)

⑥■セブンと他店の大きな違いは?(加盟金が安い、他)

Aオーナー(都内オーナー)の回答

 ①の人件費、110万で抑えるには毎日日勤で賃金の発生しないオーナーが14時間労働、または夫婦で7時間ずつの労働ですね。
主体者の代わりにロボットかゾンビでも入れなけば休めません。
問題はセブンイレブンが提示したのであれば、ネームバリューで鵜呑みにしてしまう。僕も説明を受けたと思いますが、セブンイレブンの出すデータだからと、これならやって行けると、ろくに計算もしたかった記憶があります。コンビニ加盟者は脱サラ組が多いと思います。私もそうでしたが、ろくに財務諸表も見たこともない人が多く、人件費の計算等も経験がない、そんなところを本部は見据えて、まやかしの様なデータを出して来るのではないでしょうか。

②コンビニ加盟店経営で本当に利益を長期的に出せているのは起業者 100 人中、何人だと 思いますか?
A
10名

③■コンビニ加盟店経営をして開業して良かったと思う人は、起業者 100 人中、何人だと 思いますか?
A
20名

④■コンビニの店舗
販売品 で捉えきれていなかったと思う購入者のニーズは何だと思い ますか?①ビジネスマン・ OL 層 ②専業主婦層
A
①薬品関係
②青果新鮮野菜類、魚介精肉類

⑤■損をするのが、オーナー、という部分について思うことを教えて下さい(売上の為に休めない、違約金の支払い、など)
A
FC 法の成立による法整備が絶対必要。特にコンビニ会計の違法化 、チャージ上限の設定、違約金額面の根拠。
契約書には抽象的な表現が多く、事が発生すれば本部都合でどのようにも解釈できる。

⑥セブンと他店の大きな違いは?(加盟金が安い、他)
A
商品力

オーナーのみなさん、本部はどのような試算を示したでしょうか?実際はどうでしょうか?

独占禁止法には以下の規定があります。

(ぎまん的顧客誘引)

8 自己の供給する商品又は役務の内容又は取引条件その他これらの取引に関する事項について、実際のもの又は競争者に係るものよりも著しく優良又は有利であると顧客に誤認させることにより、競争者の顧客を自己と取引するように不当に誘引すること。( https://www.jftc.go.jp/dk/guideline/fukousei.html

こちらからインターネットで簡単に独占禁止法違反申告できます。どんどん違反申告して、本部が詐欺的なやり方ができなくなるように追いつめることが必要です。力をあわせて申告しましょう。

https://www.jftc.go.jp/soudan/denshimadoguchi/index.html

以下は、2018年8月のコンビニ関連ユニオン結成の呼びかけビラです。

セブン「オーナーヘルプ制度」独占禁止法違反で再申告

 

 コンビニ関連ユニオン永尾副委員長は、8月9日、セブンイレブンの「オーナーヘルプ制度」の不履行、合意なき変更について、 7月に続いて再度、独占禁止法違反申告を行いました。

 7月の際には優越的地位の濫用として、そして今回は欺瞞的顧客誘引の違反として、申告をしました。

 全国のオーナーさん!私たちコンビニ関連ユニオンは、オーナーヘルプ制度の欺瞞的顧客誘引、あと20人公正取引委員会に申告すれば、セブン本部に対して公取法違反、優越的地位の濫用で排除措置命令再度取れるとみています。

 現経営陣を、これで退陣に追いやることが必要です。この力がなければ、これだけコンビニ問題が世間の耳目を集めているにもかかわらず、抜本的には何も変わらないでしょう。

 現経営陣を退陣させ、オーナーと従業員、関連労働者の現状を変えるために、オーナーさんの協力を是非宜しくお願い致します。

 オーナーヘルプ制度は、派遣法違反でもコンビニ関連ユニオンは動いています。

 人の命より金儲けのセブン経営陣をぶっ壊しましょう。

公正取引委員会 事務総局 審査局情報管理室   〇〇〇〇様

セブンイレブン〇〇〇〇店          オーナー 永尾潤

資料送付の件

前回セブンイレブンの「オーナーヘルプ制度」の不履行、合意なき変更について、優越的地位の濫用として申告させていただきました。しかしセブンイレブン本部の主張をよくよく考えると、欺瞞的顧客誘引の方が適しているように思え、インターネットから欺瞞的顧客誘引で再度違反申告しました。

理由としてですが、前回お送りした資料に記載の加盟店基本契約前文を根拠とした「オーナーヘルプ制度」は元々契約ではないと主張している事です。 そして契約上のオーナーヘルプ制度は加盟店付属契約第5条(資料添付)の事だと主張し、その第5条には「旅行」は入っていないから履行義務が無いと主張しています。前回お送りした資料の中に、平成19年当時の社長山口氏がオーナーヘルプ制度の契約不履行に対して回答しています。その内容は「オーナーヘルプ制度」は加盟店付属契約第5条を指したものであり、加盟店基本契約前文(冠婚葬祭や旅行など)の事ではないと主張しています。本年5月に私が本部に直接出向き、法務部の丸山氏に確認しても、加盟店基本契約 前文第4項-2号 第1-1(ロ)「セブンイレブンの横顔」は会社案内であり、契約を記載したものではない。この様な説明を受けました。株主総会では永松社長に「オーナーヘルプ制度」の内容(旅行等の削除)は本部が勝手に変えて良いものではないと質したところ、「人手不足により内規を変更した」という回答をしました。社長自らが、セブンイレブン本部の自己都合でいつ、どのようにでも、合意も告知も必要とせず変えられるものであるという認識を示しました。 …(略)…加盟店基本契約 前文第4項-2号 第1-1(ロ)「セブンイレブンの横顔」 この事前の契約内容説明とは全く異なるものです。平成19年当時の山口社長、永松社長、契約事、法律の専門部署である法務部の丸山氏が契約でないと言い切り、「オーナーヘルプ制度」の利用申請をしても全く履行しない。やむなく臨時閉店を申し出れば、契約解除だと警告文を送付して恫喝する。記載事項は一方的に変更する。これから考えられることは、元々履行する予定のない事項が契約書の前文、契約書の別紙として記載され、実存する契約であるかのような説明が為されていたという事です。事実海外旅行などもオーナーヘルプ制度で行けますなどと虚偽説明を受けたオーナーは複数存在します。独占禁止法の不公正な取引方法の一般指定第8項で禁止された行為として、加盟店に十分な情報開示を行わず、虚偽もしくは誇大な広告を行い、実際の内容より著しく優良または有利と誤認させる行為。とありますが、オーナーヘルプ制度はまさしくそのものです。前回の優越的地位の濫用含め、今日に至るまでの内容証明による本部とのやり取りも証拠として全て添付致します。ご審査よろしくお願いいたします。

ローソンでスピードクジ・ストライキ!

【8・1セブンイレブン炎上祭り】
①セブン本部を店舗オーナー提訴 明細開示に数十万円は不当‼️
②セブンペイ廃止撤退‼️
③コンビニ関連ユニオン河野委員長の「業務指示書」に対する回答‼

と、8月1日はセブンイレブンの話題で大にぎわいでしたが、

ローソンでは、地道にこういう事態が進行していました。

スピードクジはいい迷惑でしかない!というコンビニのお店も多いはず。

それは売上減に結果するほどの、大迷惑。

なぜならお客さんの回転が悪くなるから。

なぜ苦しい経営を強いられているお店が、売上が落ちるようなサービスを本部に強制されなければならないのか!?

ということで、スピードクジ・ストライキを行ってきたこのローソンのお店。

今回も 遠回しにやれと言われたので

「商品の交換専属クルーを無償で入れろ」と言ったら、

こういう結果になりました、とさ。

めでたしめでたし。

7ペイ問題についての声明

【声明】一連の7ペイ失敗の要因は、現場の真面目な技術者の苦言を無視し、7月1日にセキュリティが脆弱なことを百も承知で発信したことにある。上意下達でモノ言えぬ風通し悪い体育会役員にある。社内を風通しの良い体質にするためには労働組合の力が必要だ。ともに団結しよう。

セブンイレブンへの「通知書」

某セブンイレブン・オーナーから、セブン本部に対して、以下の「通知書」が内容証明にて送付されたとのこと。以下、紹介させて頂きます。

株式会社セブンーイレブン・ジャパン
代表取締役社長 永松 文彦様

令和1年7月31日

セブンイレブン〇〇店オーナー 〇〇〇〇

通知書

7月8日付の通知書で契約に関する質問事項を三点通知いたしました。7月11日に永松社長ご自身に回答いただきたく貴社を訪問しましたが、対応した社員によると不在の為面会は不可能であるとの事でした。後日OFCを通じて質問に対して回答するとの対応を頂き、その場は引き上げました。しかし3週間経過しても回答はありません。今年になってすでに前社長古屋氏に対する質問状、永松社長に対する催告書と2回内容証明を送付していますが、いまだに何の回答もありません。よってこれ以上待っても回答はないものと判断し、こちらの解釈並びに今後の対応を通知いたします。

東大阪で自主判断により時短営業を実施している店舗に対して、加盟店基本契約24条2項に違反したまま営業を許可している件について。加盟店契約24条2項で言うところの「今日の実情」いわゆる人手不足など物理的な理由による場合、文書合意の必要は無いものと判断します。

支払い報告及びリベート受領内容報告に関する守秘義務について。(実際のリベートの額に対する守秘義務ではなく、リベート受領報告書作成費用に対する守秘義務)第三者への開示およびその場合の罰則等の有無を確認しましたが、何の回答も得有られませんので守秘義務はないものと判断します。

2010年と2019年にストアコンピューターで配信された「オーナーヘルプ制度のご案内」についての契約上の位置づけ、権利義務関係について。貴社の今までの説明、見解を精査すると「オーナーヘルブ制度」は加盟店基本契約前文第4項第2号 第1-1 ロ セブンーイレブン案内(横顔)いわゆる加盟店契約香別紙1に記載の「オーナーヘルプ制度」と加盟店付属契約第5条①に記載されている「オーナーヘルプ制度」は別のものであるという事実。契約上履行義務があるのは加盟店付属契約第5条であり、別紙1記載の「オーナーヘルブ制度」に記載されている事項(旅行等)に契約上の履行義務はないと主張している。この件については、平成19年12月24日付で当時の社長の山口俊郎氏が、セブンイレブン小樽入船店の畑元オーナーに宛てた回答書でも明らかである。参考までに回答書の一部を抜粋する。

 「加盟店契約にはおっしゃるようにオーナーヘルプ制度が予定されておりますが、これはオーナー様の病気、事故などで長期にわたり店舗経営が不能になる場合を想定しているものです。」

上記回答は加盟店付属契約5条を引用したものである。そして別紙1記載の「旅行」等は契約上の義務はないと言い切っている。本年5月20日に貴社を訪問し、対応した法務部の丸山氏も契約書別紙1を「会社案内」と説明した。この事実からわかる事は 元々履行する気のない契約を「契約書の前文」「契約書の別紙1 セブンーイレブンの案内 (横顔)などに記載し、虚偽説明で勧誘、契約締結させたという事実。しかし加盟店基本 契約前文第4項第2号 には下記の様に記載されている。


(2)次いで乙は、甲から加盟についての判断資料として、別紙(第1)記載の資料を手渡され、かつ、これにもとづいて、加盟の概要およびその契約内容の要点につき、説明を受けたこと。

  別紙1はまさしく「契約内容」を説明したものであるが、貴社は「契約ではない」「会社案内」との主張を繰り返し、既存加盟者、新規加盟者を騙して続けてきました。24時間営業差し止め訴訟などでたまに都合が悪くなると、ストアコンピュータ上に三週間ほどで削除される情報として「オーナーヘルプ制度のご案内」を配信し、また都合が悪くなると勝手に変更する。貴殿が5月23日の株主総会で私のオーナーヘルプ制度の不履行に対する質問に「内規を変更した」と回答したが、この回答が優越的地位の濫用及び、欺瞞的顧客誘引の動かぬ証拠である。

 前回は勝手に契約事項を変更し、不履行を正当化したことを「優越的地位の濫用」として公正取引委員会に独占禁止法違反を申告したが、今回更に「欺瞞的顧客誘引」での申告も追加します。下記に欺瞞的顧客誘引の説明を記載します。
独占禁止法の不公正な取引方法の一般指定第8項で禁止された行為で、加盟店の募集の場合十分な開示を行なわず、虚偽、若しくは誇大な広告を行い、実際の内容より著しく優良又は有利と誤認させ、競争者の顧客を自己と取引きするように不当に誘引すること。

 貴社の「オーナーへルブ制度」は「虚偽、もしくは誇大広告」そのものであります。さらに言えば有料でのオーナーへルブ制度、いわゆる本部社貝の派遣労働は無許可派遣であるとの指摘を東京労働局より指摘されています。無許可派遣をエサに虚偽、誇大広告で加盟店を勧誘している事実を公正取引委員会及び経済産業省主催の「新たなコンビニあり方検討会」に報告する事をお伝えします。