セブン本部を店舗オーナー提訴へ

セブンイレブンのオーナーの闘いは続きます。共同通信社が報じました!

スーパーで買ってきた方が安いのではないかという、一方的にオーナーに請求されるセブンの商品の仕入れ原価。

例えば2013年度、缶コーヒーの「ジョージア」を1億9340万本売り上げています。「お~いお茶」(500ml)は3500万本売り上げています。その仕入れ原価をみると 「お~いお茶」(500ml) が85円だというのです。地元のスーパーや量販店でももっと安い値段で店頭に並んでいます。絶対にリベートを取っているに違いない!と考えるのは、常識人の感覚です。

そこでセブンのオーナーがかつて仕入れ原価について開示せよと求めて、セブンを提訴しました。そして最高裁で、勝ちました。セブンは開示しなければならないと。

ところが、セブンは、このように、とんでもない手数料を請求するというやり方で、実質的に開示を拒否しています。

今回の提訴は、手数料を払わないと開示しないというセブンの対応は、最高裁判決を実質的に否定するものであり違法であるとの提訴です。

コンビニ関連ユニオンとしても、みなさんのご支援と注目をお願いしたいと思います。

https://this.kiji.is/529229757029090401

セブン本部を店舗オーナー提訴へ

明細開示に数十万円は不当2019/7/31 19:55 (JST)7/31 22:17 (JST)updated

©一般社団法人共同通信社

セブン本部が示した見積書。仕入れ先6社の2カ月分の支払い明細の開示に作業費として21万1200円を請求している(画像の一部を加工しています)

 酒やたばこなどの仕入れ業者への支払い明細について、決済代行するセブン―イレブン・ジャパン本部に提供を求めたところ作業費として数十万円を請求されたとして、セブン店舗のオーナーが無償での明細開示を求め、8月1日にも東京地裁に提訴する方針であることが31日、分かった。

 加盟店では到底支払えない法外な請求を行うことでセブン側が実質的に開示を免れているのは不当だとオーナー側は主張している。

 セブン本部は、各店舗に「弁当」など大枠で支払い内容を伝えているとした上で「それ以上の明細が必要な場合は、外部に委託し公平性のあるデータ提供が必要」と説明している。

セブンイレブンを不当労働行為で申立!

 2019年7月29日、コンビニ関連ユニオンは、セブンイレブンの団体交渉拒否など9件について、不当労働行為であるとして、長野県労働委員会に救済を申し立てた。

 救済を申立した項目は以下の通り。

請求する救済内容

  • 被申立人は申立人組合と7月5日に開催すると合意していた団体交渉を、被申立人が当日になって突然通告した理由で拒否してはならない(労働組合法第7条第2号該当)
  • 被申立人は申立人組合が6月10日に申入れた団体交渉場所としてのセブンイレブン本社内会議室開催を、ことさらに拒否してはならない。(労働組合法第7条第2号該当)
  • 被申立人は申立人組合が6月10日に申入れた団体交渉について、コンビニ関連ユニオン副委員長長尾潤(群馬県内セブンイレブン店舗オーナー)の参加を拒否してはならない(労働組合法第7条第2号該当)
  • 被申立人は、申立人組合が7月11日に予定していたストライキに、コンビニ関連ユニオン副委員長長尾潤が臨時休業という形態で参加することに対して、契約違反(違約金約1000万円)であるとして妨害してはならない(労働組合法第7条1号、3号該当)
  • 被申立人は、6月12日に発令した申立人組合執行委員長河野正史に対する降格減給の懲戒処分を取消し、賃金差額分を支払わなければならない。(労働組合法第7条1号該当)
  • 被申立人は、6月9日の申立人組合結成大会において執行委員長に就任した河野正史にたいしてネットニュース「ニュースソクラ」が行った取材に関して、セブンイレブン人事部幹部久保が、その際の河野のコメントが「真実である証拠を出せ」と7月8日付けで「業務命令」を発し、「出さなければ懲戒処分の対象である」と不利益を加えたことを取り消さなければならない(労働組合法第7条1号、3号該当)
  • 被申立人は、同じく雑誌『序局』第21号に申立人組合委員長河野正史が組合活動について紹介する意図で寄稿した記事にたいしても「真実である証拠を出せ」と同じく7月8日付けで業務命令を発し、「出さなければ懲戒処分もありうる」と不利益を加えたことを取り消さなければならない(労働組合法第7条1号、3号該当)
  • 被申立人は、7月11日の一斉ストライキの一環として申立人組合が11日当日セブンイレブン本社前で行った情宣活動において、委員長河野が「セブンイレブン幹部を殺してやりたいと語っている社員がいる」と述べたことにたいして「その社員の名前を明らかにしろ」と7月25日付けで業務命令を発し、「明らかにしなければ懲戒処分もありうる」と不利益を加えたことを取り消さなければならない(労働組合法第7条1号、3号該当)
  • 被申立人は、申立人組合と同委員長が発行したビラを、申立人組合委員長河野正史が、セブンイレブン上田地区事務所において、休憩時間中に、同僚のレターケースに配布したことにたいして、「配布しないように」と7月25日付けで業務指示を発し、「懲戒処分を含む必要な措置をとる」と不利益を与え、組合活動に支配介入をおこなったことを取り消さなければならない(労働組合法第7条第1号、第3号該当)

記者会見にのぞんだ河野委員長

 その後、コンビニ関連ユニオンは河野委員長を先頭に長野市内で記者会見を開いて、経過を説明、理解を求めた。

信濃毎日新聞2019年7月30日付

 今年の2月の東大阪市の松本オーナーの時短営業から始まったコンビニ問題。もはやコンビニのオーナーや労働者の苦境は広く知れ渡る一方、コンビニ本部の無責任きわまる、沈静化圧力は強まるばかり。

 とりわけセブンイレブン本部は、本部社員・OFCのコンビニ関連ユニオン河野委員長に対する処分を、狙い続けている。

 セブンイレブン・オーナーのさまざまな闘いが広がり、それは確実に本部を追いつめている。この闘いの広がりと繋がりをつくり出した、最大のカギが、本部社員の河野委員長の存在と闘いにあるからだ。

 5月23日のセブンイレブン株主総会で、大きく脚光を浴びたコンビニ関連ユニオン・河野委員長。5月28日には、別件で、信州大学教育学部への「不法侵入」の容疑で逮捕された。調べてみると、信州大学教育学部は市民が自由に出入りできるキャンパスで、河野委員長は翌日釈放された。セブンイレブンには米村敏朗という警視総監や公安部長を歴任した経歴の社外取締役がいることも話題となった。

 コンビニ関連ユニオンは、セブンイレブン本部の河野委員長つぶし・排除を絶対に許さない。徹底的に、全国のオーナー、社員、従業員、関連労働者と団結して、勝利する。みなさん、ご支援をお願いします。

ファミマ加盟店の半分が時短営業を希望!

 ファミマが加盟店に対して行った時短営業に関するアンケート調査の結果を、共同通信社が報道した。その結果は、約半分が時短を希望!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000085-kyodonews-bus_all

 ファミリーマートは26日、時短営業に関する全国加盟店へのアンケートで、全加盟店の約半数の7039店が「検討したい」と回答したと発表した。人手不足などを理由に、24時間営業の見直しを希望するオーナーが多く存在する実態が浮き彫りとなった。ファミマは現在実施している時短営業実験を24店から最大700店に拡大し、時短営業を広く認めるかどうかなどの方向性を12月以降に示すとした。

 沢田貴司社長は約7千店が時短営業を希望したことについて「想定よりも高い数字で、加盟店の関心の高さと受け止めている。しっかりコミュニケーションを取って対応したい」と述べた。

「 現在実施している時短営業実験を24店から最大700店に拡大し、時短営業を広く認めるかどうかなどの方向性を12月以降に示す 」!?

なにを寝ぼけたことを言っている?

「関心の高さと受け止めている」?

命と生活がかかっているんですよ!

ちゃんとアンケート結果を公表しただけセブンよりは相当ましですが。

永尾副委員長のセブンイレブン、惨敗セール!

 コンビニ関連ユニオンの永尾潤副委員長がオーナーを務めるセブンイレブン前橋〇〇店。

 日曜深夜の週1回閉店が始まったようだ。最初実験店ではないと書いたが訂正、本部との実験店としての閉店とのこと。

 一方、 東大阪南上小阪店 の松本オーナーのセブンイレブンに関して、7月11日にセブンが新しい時短契約を申し入れたが、松本オーナーは、永松社長の説明と面会を求めた。セブンは7月17日、これを拒否することを明らかにした。

 誰だ?オーナーとひざづめで話し合うと言ったのは?

 7月13日付の朝日新聞は「セブン 時短でも休めない」と実験店店主の状況を報じた。

 セブンのオーナーの生きるための闘いは、まだまだ困難をきわめる。しかし、生きのびなければならない。

 永尾オーナーは、「絶滅危惧種 Aタイプ」としてユニークな経営戦略を展開している。またしても「惨敗セール」だ。笑っていられる状況ではないが、永尾オーナーの考えることはいつも楽しい。

https://blog.goo.ne.jp/humon007/e/fcadd112e9ecf92725178e44d9706a6d

セブンイレブン前橋〇〇店深夜週一閉店へ!

コンビニ関連ユニオン副委員長の永尾潤さんの店が、週1回日曜日の深夜の週一閉店を始めた。本部と合意の閉店らしい。

替え歌掲載に対する「警告書」事件の反響が大きい。

あいかわらず投稿があるので、とりあえず掲載したい。

セブンの放送コードに引っかからないと判断したら載せてください。

ゲゲゲの鬼太郎の
替え歌で

ゲゲゲの鬼会長

ゲゲゲ、ゲゲゲのゲ

沖縄バカンスルンルンルン

楽しいな、楽しいな、

会長にゃ自腹も土産も何にもない

ゲゲ、ゲゲゲのゲ

みんなにたかろうゲゲゲのゲ

吉幾三風に

黄色いさくらんぼ
の替え歌で

頭が錯乱坊

オムニ7で減損

セーブンミールは縮小

ヘルパー 変更

ペイは 延期

ほらほら
頭が錯乱坊

社長を更迭1

時短はOK 2

神さま助けて3

ワン ツー スリー

ほらほら
頭が錯乱坊

学園天国の替え歌で

不正天国

ペイペイペイペイペイ
ペイペイペイペイペイ
ペイペイペイペイペイ
ペイペイペイペイペイ
ペイ ペイ ペイ ペイ ワォー
あいつもこいもあのペイを
ただ一つ狙っているんだよ
キャッシュレスで一番のセキュリティの弱いのー

あ、あーみんなライバルは
あ、あー二段認証が普通

運命の女神さまよ
素人の会見で
勘弁してよ ー

子会社会見したけどれど、
親会社は得意の雲隠れ
責任逃れに終始なら
もうグレちまうよー

またしても「警告書」!しかも!くだらない…

 2019年7月8日付でセブンイレブン本社から「警告書」が、コンビニ関連ユニオン河野執行委員長宛に送付されてきました。

 このホームページの投稿が「誹謗中傷」で「信用を貶める」と言います。

 問題とされた投稿はすでに面倒くさいので削除しましたが、「7・11セブンイレブンの日は本社前で711祭り!」と題した投稿です。

 で、問題とされたのは、あの、ドラえもんの「替え歌」でした!

 大爆笑!

 本社前で永尾副委員長の熱唱を聴けた方は超ラッキーでした!

【声明】齋藤オーナーと家族を死に追い込んだセブン本部を許さない!

声明

齋藤オーナーと家族を死に追い込んだセブン本部を許さない!

ドミナントをただちに中止し、オーナーと家族の生きる権利を保証しろ!

2019年7月13日 

コンビニ関連ユニオン執行委員長 河野正史

 7月11日セブンイレブン東日本橋一丁目店のオーナー齋藤敏雄さんが遺体で発見されたという知らせを聞いた。心からご冥福をお祈りします。

 しかし、齋藤さんの死は、セブンイレブンジャパン本部が、とりわけドミナントが生み出した「殺人」だ。私たちは、セブンイレブンの責任を追及する。そして、コンビニ経営によって人が死に至らしめられることなど二度とおきないように、コンビニモデルを変えるためにこれからも全力で闘う。ドミナント(支配)などという言葉が「経営戦略」とされることなど許さない。そうすることをもって齋藤さんの無念さを、セブン本部に対する恨みを果たすために闘う。

 齋藤さんが東日本橋一丁目店を開業したのが2010年2月。当初は日販100万円近くあったのが、ドミナントで日販50万まで急落。従業員も引き抜かれ、人手不足の中で大学進学を断念して手伝っていた長男が自死。「店をやめたい」と妻が訴えても「違約金がかかる」と認められず、妻と次男は店の仕事から手を引き、齋藤さんがひとりで切り盛りしていた。借金が増え、本部はなんの支援もせず「中途解約」を強要、今年2月末閉店を一カ月前を通告された齋藤さんは「寒いところに行けば、家族にカネを残して持病で死ねる」と北海道で自殺を試みた、それが3月のことだ。その4ヶ月後、最悪の事態に至ってしまった。

 セブン本部にすべての責任がある。約9年の経営でセブン本部が齋藤さん一家の店舗から吸い上げたカネは10億円を下らない。しかし、齋藤さん一家は、敏雄さんと未来ある長男を失った。経済的負債の処理も残る。家族の幸せはもう帰ってこない。「ドミナントをやめて」「閉店させて」という悲鳴に聞く耳をもたなかったのはセブン本部だ。命の危険にまで至っていることは担当OFCはじめセブン本部も十分に知っていた。なんの手助けもせず、もう「しゃぶれない」と判ってから閉店を強要したのだ。いくら契約自由、自由競争の社会だといっても、これが人間のやることか? 齋藤さんの命をかえせ、息子さんの命をかえせ!一家の人生を返せ!謝罪しろ!家族の精神的経済的犠牲に対し誠実に賠償を行なえ!

 セブン本部は「時短営業はオーナーの自由です」(永松社長)と、一見柔軟なポーズを示しているが、独占資本の支配という本質は何もかわっていない。命より本部の利益が上という体質、吸血鬼セブン本部の本質はなにも変わっていない。

 ドミナントされて日販急落、「なんとかできないか」という悲鳴がユニオンにも相次いでいる。副委員長永尾の店舗もドミナントにさらされてきた。ドミナントこそ、本部の「売上げ至上主義」、「利益優先主義」、「物言うオーナー潰し」の極地だ。これはもはや「自由競争」ではない。セブン本部には極限まで「吸い上げる自由」があり、オーナーには「逃げる自由もない」。まさに究極の収奪、それがコンビニ契約だ。

 同時に、OFCに訴えたい。いいかげんに目を覚ませ!オーナーに死や家族崩壊さえ強要していることに何の痛みも感じないのか。OFCが人の心を取り戻し、本部幹部に対して抗議し反論する勇気をもっていれば、こんなことにはなっていない。黙っていることは、犯罪行為に荷担することだ。勇気を持とう。団結しよう。勇気をもって力をあわせれば人間的な働き方は可能だ。

 7・11ストによって、団結は広がり社会的関心はさらに高まった。オーナーが、本部社員が、関連労働者が、自分の職場で「おかしいことはおかしい」と声をあげれば、必ずコンビニモデルは変えられる。闘いはこれからだ。齋藤さんを守ることができなかった悔しさをこれからの闘いではらそう。コンビニ関連ユニオンは、「命より契約」のコンビニモデルの根本的変革のために、今まで以上に全力で闘う。

https://www.bengo4.com/c_5/n_9455/

ローソンで深夜スト突入!

 群馬県内のローソン店舗がついに深夜ストに突入した。

 既報の通り、コンビニ関連ユニオンはローソンの団体交渉拒否に対して、7月12日午前1時から午前5時までの指名ストをA店Bオーナーに指令した。

 清水書記次長が立ち会うために、車でA店に向かったところ、Bオーナーからメールが入った。「今会社の幹部が2人来てる」

 店に着くとバックヤードでオーナーと2人が話している。他に車で待機している社員が1人。清水がバックヤードに入ると、「組合が入っては話はできません」「オーナーさんはどうするんですか?自分の意志でストをするんですか?」

 脅された上に、会社も誠意を持って話し合う用意があると言われて、Bオーナーも動揺している。

 会社はこれに先立って北関東運営部長名にて「通知書」なるものをBオーナー宛に送付した。その内容は。

「1 営業時間の見直しについてのご要望は、弊社としても協議させていただきたく、早期にBオーナーとの面談を行う用意があることを改めてご通知いたします。ご都合のよいお日にち、時間をご連絡いただけませんでしょうか。」

「2 A店は、コンビニエンスストア ローソンの経営、営業を行うためにフランチャイズ契約にもとづいて、Bオーナーに対して営業敷地の利用を弊社が認めたものです。A店の営業敷地内において、この目的以外の一切の活動を行わないようにご通知いたします。」

「3 万が一、Bオーナーがフランチャイズ契約に定める以外の目的で活動された場合、お客様、取引先、他のオーナーさん等にご迷惑がかかりますし、上記の通りフランチャイズ契約違反となりますので、当該活動は行わないようにご通知いたします。」

「4 繰り返し申し上げますが、あくまでフランチャイズ契約の当事者であるBオーナーとのみ協議させて頂く所存です。」

 Bオーナーは現状では組合をやめる考えはないし、話し合いには清水書記次長の同席を認めてもらいたいと話す。担当者は本部に確認を取るものの、それはできないとの回答。それならば致し方ない。とにかく指令に従って店を閉める。だいたい団体交渉拒否に対する抗議ストライキを「目的外活動」と規定することがとんでもない。

 1時をまわってとりあえずカーテンを閉める。すると再び社員が店にやって来る。どうしてもストライキをやられては困るらしい。Bオーナーは譲歩して、団体交渉でなくてもいい、でも清水書記次長の立ち会いは認めてくれと要求した。再び本部に連絡を取る社員。しばらくして戻ってきた社員の答えは、団体交渉でなくても立ち会いはだめ。万事休す。

 社員はその後もストが終わるまで1人が車に乗って店に張り付いた。

 そしてついに店の電気を消す時が来た。事態を見守っていた2人の従業員といっしょに電気を消す。まるで違った世界に歓声がわく。みんな笑っている。ついにやった。自分たちの力で店を閉めた。オーナーはオーナーとしての誇りを取り戻した。

 闘いはまだこれからだ。しかし労働組合の団結権の行使でコンビニを閉めた。歴史的なことだ。どんどん後に続こう。コンビニ関連ユニオンに入ろう!