セブン本部を店舗オーナー提訴へ

セブンイレブンのオーナーの闘いは続きます。共同通信社が報じました!

スーパーで買ってきた方が安いのではないかという、一方的にオーナーに請求されるセブンの商品の仕入れ原価。

例えば2013年度、缶コーヒーの「ジョージア」を1億9340万本売り上げています。「お~いお茶」(500ml)は3500万本売り上げています。その仕入れ原価をみると 「お~いお茶」(500ml) が85円だというのです。地元のスーパーや量販店でももっと安い値段で店頭に並んでいます。絶対にリベートを取っているに違いない!と考えるのは、常識人の感覚です。

そこでセブンのオーナーがかつて仕入れ原価について開示せよと求めて、セブンを提訴しました。そして最高裁で、勝ちました。セブンは開示しなければならないと。

ところが、セブンは、このように、とんでもない手数料を請求するというやり方で、実質的に開示を拒否しています。

今回の提訴は、手数料を払わないと開示しないというセブンの対応は、最高裁判決を実質的に否定するものであり違法であるとの提訴です。

コンビニ関連ユニオンとしても、みなさんのご支援と注目をお願いしたいと思います。

https://this.kiji.is/529229757029090401

セブン本部を店舗オーナー提訴へ

明細開示に数十万円は不当2019/7/31 19:55 (JST)7/31 22:17 (JST)updated

©一般社団法人共同通信社

セブン本部が示した見積書。仕入れ先6社の2カ月分の支払い明細の開示に作業費として21万1200円を請求している(画像の一部を加工しています)

 酒やたばこなどの仕入れ業者への支払い明細について、決済代行するセブン―イレブン・ジャパン本部に提供を求めたところ作業費として数十万円を請求されたとして、セブン店舗のオーナーが無償での明細開示を求め、8月1日にも東京地裁に提訴する方針であることが31日、分かった。

 加盟店では到底支払えない法外な請求を行うことでセブン側が実質的に開示を免れているのは不当だとオーナー側は主張している。

 セブン本部は、各店舗に「弁当」など大枠で支払い内容を伝えているとした上で「それ以上の明細が必要な場合は、外部に委託し公平性のあるデータ提供が必要」と説明している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です